笑ゥせぇるすまんNEW 大人や社会人に是非見て欲しい|アニメ感想

投稿日:2017年4月4日 更新日:

笑ゥせぇるすまん [完全版] DVD-BOX

2017年 4月より放送が開始された、「笑ゥせぇるすまんNEW」の第1話を視聴しました。いやぁ面白いですね。

 

僕は30代なので、昔見てた頃は確か10歳前後とかそのへんだったと思うんです。だから多分見てたのは20年くらい前。

 

番組は確か21時か22時台に放送してた、実写バラエティ番組の中の一つのコーナーとして、だったような気がします。

 

その番組ではドミノ倒しとかのコーナーもたまにやってて、この「笑ゥせぇるすまん」だけはどうしても不気味で怖くてあまり見る事が出来なかった記憶があります。(まぁそれでも何故か見てましたが)

 

調べたらギミア・ぶれいくという番組みたいですね。懐かしすぎてなんかスッキリ。同年代の方は見てた方いるんじゃないですかね。

 

で、今回新たに「笑ゥせぇるすまんNEW」として放送が再開されたわけです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

笑ゥせぇるすまんNEWの面白さ

笑ゥせぇるすまんの面白さってなんだろうと考えました。

1話からとても面白くて記事まで書いてるんですが、具体的にどこが面白いのか。

 

メッセージ性の強い脚本

僕が一番惹かれたのはやはりここですね。

元々この作品自体が、喪黒福造が人間の心の弱さにつけこんで、非現実的な方法で願望を叶えてあげる。しかし、そこに条件や約束を取り付け、守らなかった場合にお仕置きするという流れがほとんどだと思います。

 

この条件や約束ですが、そもそも守れないくらい心が弱ってたり悩んでたりする人間ばかり選ぶので、ほとんどの場合で「ドーン!!!!」されてしまうわけですね。

 

第1話の「白昼夢」と「ご利用は計画的に」なんかはすごくわかりやすい話なので、最初の話としてはとても良かったです。

 

最後に喪黒さんが、戒めとして視聴者に語り掛けるのって昔はあったのか記憶にないのですが、今回の話がどのようなものだったのかを簡単に説明してくれるので理解しやすいです。

 

まぁこういう話自体が面白い!と感じるのがおそらく社会人限定になりそうですね。その理由にやっぱり自分自身にとって勉強になるというか、今回の話なんか、夢を見るのにもお金が必要とか実はすごく現実的な事言ってますからね。

 

喪黒さんが提供するサービスが、現実では到底不可能な事ばかりなのでリアリティが無い気もしますが、そういった甘い話にのって身を滅ぼすなよというメッセージを強く感じます。(まぁ僕が勝手にそう感じてるだけかもしれませんが)

 

社会人、大人向けに作られた脚本

先に少し触れましたが、メッセージ性の強い脚本の他に、ターゲットドンピシャなユーザーとして見てるから面白いと感じるんだと思います。

 

元々の作品自体も社会人や大人向け、今回の「笑ゥせぇるすまんNEW」に関してはさらにそれが色濃く出てるんじゃないかなと思いました。

 

というのも、OPやEDの歌詞がそもそも社会人向けの歌詞になっていて、共感できる内容になってます。

 

僕みたいな30代、40代の社会人に見てもらうために作り直したんだなぁと見てて思いました。見てほしいターゲットに向けて作った作品を、そのターゲットが見たらそりゃ面白いですよね。

 

喪黒の不気味さと独特の雰囲気

脚本以外だと、やっぱり喪黒さんの神出鬼没な不気味さと独特の雰囲気ですね。

 

このアニメも一応コメント付きで見てみましたが、この時代のアニメをコメント動画として改めてみると、視聴者のツッコミがまた面白く感じました。

 

アニメ自体が地味だったり、キャラが地味だったりしてもこの面白さは出せない気がします。

 

現代風にアレンジされていて見やすい

Aパートの「白昼夢」の冒頭から、いきなりスマホが登場しています。

 

ここで、この作品が現代風にアレンジされて放送しますよという認識を視聴者に与えたのがうまいなぁと思いました。

 

時代が昔のままだと、40代や50代の人はいいかもしれませんが、20代や30代の人は違和感を感じます。そこで完全に現代に存在する笑ゥせぇるすまんを出してきたので、共感できる度合いが高まりました。

 

声優交代による違和感

喪黒福蔵といえば大平透さん、これは昔見てた人も声優さんの名前は知らなくても、声だけは完全に覚えていると思います。あの笑い方と相まってキャラクターが完全に確立されてましたから。

 

しかし大平透さん亡くなられてるんですね。代役として演じられているのが、こちらも有名な方で、玄田哲章さん。一般的に一番有名なのはアーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えになるのではないでしょうか。

 

ターミネーターは昔から地上波で何度も放送されてますし、その声は一度は聞いたことあると思います。その玄田哲章さんが今回喪黒福造役を引き継いでいるのですが、違和感ありません!

 

そりゃ全く同じというわけではありませんが、開始数分で慣れるくらいに喪黒福造を演じられてます。あえて似せている部分もあると思うのですが、声は玄田さんのままで、しっかりと喪黒福造になってます。

 

これはやはりベテランが成せる業なんでしょうか。ともあれ、声優変更による違和感は全くありません。

 

また、他のゲスト声優さんもアニメ界では良く名前を見る方々が出演されてましたので、今後のゲスト声優を楽しみに視聴するのもありですね。

 

子供でも楽しめるのか

子供が見ても楽しめるかどうかは、僕自身が子供時代に怖いながらも何故か見てしまうアニメ、という位置づけだったので、多分子供でも脚本の本質は理解できなくとも楽しめると思います。

 

まぁでもぶっちゃけ怖いですよね。TOKYO MXだと23:00から見れますから、普通に子供が起きてる時間に視聴できますよ。今回の第1話はわりとソフト目な話だったのですが、たまにトラウマレベルで怖い話もありますから注意が必要です。

 

高校生ぐらいだと、怖くはないけど何が面白いのかわからん!となってしまう可能性はありそう。

オッサンはこんなのが面白いの?て感じでw

 

まとめ

2017年春アニメの中で最初に見たのがこの作品になりましたが、アニメ見ない社会人でも楽しめる内容になってるのでお勧めです。

 

アニメを見ない人におすすめする時も「笑ゥせぇるすまん」の新シリーズだから見やすいよ!社会人は共感できる部分多くて面白いよ!と言えば食いつくかもしれません。

 

また、1話完結型というのもとても見やすいと思います。見逃した方は、公式サイト笑ゥせぇるすまんNEWにも載っている動画配信サイトで視聴できますので、是非見てください。

 

 

ドーン!!!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アニメレビュー

Copyright© ええやん なんぼなん? , 2020 AllRights Reserved.