家具などの不用品処分にはジモティーがおすすめ!0円や無料出品が便利

投稿日:

ジモティー

出典:ジモティー無料の広告掲示板のトップページより

ジモティーという掲示板をご存知でしょうか?使わなくなった物や不用品などを無料で出品できる掲示板です。

 

そのジモティーを利用して、本来であれば処分費用が発生したり、リサイクルショップでは買い取れない家具や不用品を処分できたので、おすすめの節約方法として紹介します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジモティーとは

リサイクルショップ

ジモティーは簡単な会員登録のみで利用できるフリーマーケットの掲示板です。ヤフオクやメルカリと似てますが、ポイントとしては地元に特化している事と、決済方法や品物のやりとりを、ユーザーに任せている事ですね。

 

出品できる品物は基本的になんでもOKで、値段設定も自由です。ヤフオクなどと違い不用品の処分に使われる事も多いので、0円や無料で出品されている事が多いのも特徴です。

 

そして決済方法も自由です。相手とジモティー内のメッセージ機能(チャット)でやりとりをして、銀行振込、商品と直接交換など、ユーザーが決める事ができます。

 

物にもよりますが、地元特化型という面があるので、直接取りに行く事を前提とした出品が多いような気もします。

 

会員登録は簡単

会員登録は簡単です。メールアドレスとニックネームだけで基本登録ができ、その後TEL番号認証と身分証認証の2つを設定できます。

 

TEL番号認証はSMS確認、身分証認証については、免許証などをサイトにアップロードする形になります。僕はスマホのカメラで免許証を撮影して、そのままアップロードしました。

 

TEL番号認証と身分証認証は登録した方が良い

この2つの認証ですが、出品者の信用情報として機能します。出品ページにも表示されますので、これがあるか無いかで取引がうまくいくかどうかに、影響がでます。

 

出品する側でも品物を受け取る側でもそうですが、何の認証もしてない人とは取引したくないですよね?アヤシイ...というか、品物の受け渡し時に実際に会う事もあるかもしれないのに、相手がジモティーにも身分を明かしてないというのは少し怖いです。

 

もしボッタくられたり、セクハラ紛いの事、暴言を吐かれたりなどトラブルになった時に、どうする事もできませんからね。

 

出品者側としても、相手に信用してもらって気持ちよく取引してもらいたいし、数ある問い合わせの中から1人を選ぶのであれば、身分証認証ができている人を選ぶと思います。

 

そういった面からもメリットがありますので、身分証認証は済ませておきましょう。

 

出品方法について

出品方法ですが、登録画面は本当に簡単な画面になってます。決済方法や発送方法などの細かい設定項目が無いため、写真を登録して品物の詳細ページに自由に書く事になります。

 

写真は5枚まで

登録できる写真は5枚までです。また、かなり小さく表示されてしまうので、細かいキズや状態などが品物の価値を決めるような物には、ジモティーは向いてません。

 

例えばキズを気にするスマートフォンや、骨董品などですね。無料であれば問題ないですが、それなりの価格を設定してある場合は、詳しい状態を確認できないため、おすすめできません。

 

出品の詳細画面に記載した方がいい事

詳細を書くところに、決済方法や品物の状態、サイズなどを全て書く必要があります。なので、ある程度テンプレートを作ってそれを使いまわすのがいいですね。

 

下記の項目はあくまで最低限なので、個別に条件やルールを設定したい場合は、書き足していきましょう。

  • 品物の状態
  • 品物のサイズ
  • 決済方法
  • 発送方法
  • 出品期限やメールのやりとりについて

 

テンプレート

これは僕が作ったテンプレートです。良かったら使ってください。使いやすいように自由にカスタマイズしてもOKです。

 

 

【出品物の状態】

5年間に購入してずっと使っていましたが、使用上問題ありません。小傷などは多いです

 

【出品物のサイズ】

縦60×横45×奥行き35

 

【決済方法】

品物受け渡しと同時に手渡しでお支払いください

 

【発送方法】

配送には対応してません。現地や最寄り駅まで取りに来ていただける方でお願いします

 

【その他】

2017年10月24日で売れなかった場合は出品を取りやめます

メールのやり取りは12時間以内でお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジモティーを利用するメリット

物々交換

今回僕は食器棚やカウンターチェア、カウンターテーブル、パソコンデスクなどを出品しましたが、その全てが3日以内に全て引き取られました。中には数千円で売れたものもあります。

 

リサイクルショップでは値がつかない品物も売れる

例えば、ニトリやイケヤなどの家具は、リサイクルショップは嫌がります。嫌がるというか値がつかない商品なので買取できない事が多いのです。

 

そして僕のように都内に住んでいると、これらの家具を捨てるのにも一つ1,000円くらい処分費用が発生します。そこでジモティーを利用すれば、無料で引き取ってくれる人がいたりするのです。

 

もちろん引き取り手が見つからない場合もありますが、ヤフオクのように落札まで待機するという事が無いので、結果は早いです。

 

僕の場合は一番早い時で、午前中に出品してその日のうちに引き取りに来てもらった事もあります。不用品の処分も処分費用が発生しますので、このようにジモティーを利用すれば節約にもつながります。

 

大きい品物でも配送の事を考えずに処分できる

ヤフオクでは基本的には配送になりますよね。でも大きい品物だと、送料が高くなりすぎて売れなかったりするんですね。

 

でもジモティーであれば、地元に住んでいる欲しい人が直接取りに来るので、送料の問題がクリアできて売れやすくなります。

 

また、出品者側としては梱包する時の緩衝材や段ボールの手配などの手間がなくなるため、スムーズに処分できます。

 

相手とやり取りする時の注意事項

やり取り

出品し始めると、良い品ものならすぐに問い合わせ欄から「ぜひ譲ってください」とか「ぜひ購入したいです!」というような問い合わせがあります。

 

その中から、誰とお取引をするのか選別してやる必要があります。そのポイントを紹介したいと思います。

 

アカウント認証はされているか

上でも説明しましたが、アカウントの認証を確認します。本当は身分証認証も完了している人がいいのですが、とりあえずTEL番号認証だけでも問題ありません。

 

TEL番号認証すらしてない人はおそらくジモティーの利用ができないと思いますので、TEL番号認証さえしていれば安全!というわけではありません。ご注意ください。

 

転売屋に注意

出品物に問い合わせがあれば、そのユーザーのマイページを確認する事ができます。そこで、そのユーザーが出品している品物を見てみましょう。

 

多くの品物が有料で出されていたら要注意です。その人は無料で引き取った物を有料で販売しているテンバイヤーの可能性が高いです。(全ての人とは言いませんが)

 

出品数が多くても、ほとんどが無料であれば気にする必要はないと思います。

 

新規アカウントは注意

登録したばかりなど、新規のアカウントの場合は注意しましょう。身分証認証までしている新規アカウントであれば問題ありませんが、TEL番号認証だけの新規アカウントは危険です。

 

常習的に詐欺などを行っているユーザーもいるようなので、携帯番号を変更して再登録している可能性もあります。

 

メールのやり取りについて

たまにメールのレスポンスが非常に遅い人がいます。沢山問い合わせがあってせっかくその人に決めたのに、やり取りが遅すぎていつのまにか連絡が来ない!という事もたまにあります。

 

それを回避するために、出品ページに注意事項を書いておきましょう。メールのやり取りは12時間以内、受け渡しは1週間以内などです。

 

こちらからルールを提示してやれば、そのルールを守れる人だけ問い合わせしてくれます。ルールを守れなかったらすぐにキャンセル扱いにして、別の人に取引を持ち掛ければいいのです。

 

品物の受け渡しや支払い時のトラブルに注意

地元という事もあり直接会って渡すという事が多くなるのが、ジモティーのメリットでもありデメリットでもあります。

 

送料がかからない反面、直接会うという事はそれだけ何かしらトラブルが発生してしまう可能性ありますよね。

 

可能であれば、品物は最寄りの駅で渡すなどにして、住所は伏せるようにしましょう。流石に完全に住所まで知られるのは怖いと思います。相手も地元の人ですしね。

 

特に女性の方は注意した方がいいので、取引相手は女性のみ!というような条件をつけてもいいと思います。

 

まとめ

お金

簡単ですが、ジモティーについて説明しました。まぁ僕も利用し始めたばかりで、まだまだどんなトラブルがあるのかわからないのですが、おそらく今後も利用していくであろうサービスだと思います。

 

今回は全て出品での利用で、全ての品物を自宅の下まで取りに来てもらいました。受け取りに来てくださった方々はみんな良い人ばかりで、取引もスムーズでした。

 

ただ、受け取り手側だとまた違った感覚を受けるかもしれませんので、今度は何か不用品を引き取ってみようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑記

Copyright© ええやん なんぼなん? , 2020 AllRights Reserved.